ローンカードってお金を貸してもらえるカードなんですか?

私の抱いていたイメージとしては、消費者金融やクレジットカードでお金を借りる時は指定した銀行の口座に融資額を振り込んでもらう形式だと思っていました。

ところが、現在はカードローンというシステムでカードで借り入れをするシステムの方が一般的みたいです。ローンカードといわれているのが、カードローンでお金を借りることができるカードなのでしょうか。

ローンカードは便利にキャッシングできるアイテムです

クレジットカードに付帯していたキャッシング機能をお手本にして、消費者金融の会社がローン専用のカードをシステム化しました。現在、銀行・信用金庫・信用組合などの金融機関や消費者金融の会社でカードローンはお馴染みの商品になっています。

カードローンで利用するカードが通常、ローンカードと呼ばれています。金融機関系のカードローンでは、それまでに利用しているキャッシュカードにローンカードとしての機能を付加させることもできます。

昨今のキャッシングの歴史は1960年代の半ば頃、クレジットカードにキャッシング機能がつけられたことによって、その原型が生まれました。その後、1970年代の初めに銀行がカードローンを商品化しました。しかし、この当時は銀行のカードローンは現在のように身近で、一般的な商品になるまでには至りませんでした。

カードローンが現在のように日常生活に密着した存在になるのは、2000年代の半ばに消費者金融会社が銀行のグループ会社となる業界の再編の後のことです。消費者金融の会社における融資の方法は当初、前述の振込方式がとられていましたが、無人契約機の登場や店舗数の増加に伴ってATMの設置数を増やすことができるようになったことによって、消費者金融の会社もローンカードによる融資を行うようになりました。

現在、カードローンの申し込み(ローンカードの発行)は、ほとんどの金融機関・消費者金融の会社でWeb上からの手続きが可能になっていて、たいへん便利です。また、ローンカードを使えば、借り入れだけではなく、返済も行うことができます。借り入れの時、返済の時は発行元のATMだけではなく、コンビニのATMでも利用できるようになっているのでカードローンを一層身近なものにしています。

コンビニのATM利用でも手数料が無料になっていることも多いので、自分の口座からお金をひきだすことによる手数料よりもカードローンの利息の方が場合によっては安いこともあります。ローン利用によるポイントサービスを実施している商品もありますので、賢く利用することによって、とても有意義なカードだと言えるでしょう。

カードローンだけじゃない?お金を貸してもらえるカードの種類!

カードを作ってお金を借りよう!…こう言われた時、皆さんはどんなサービスを想像しますか?昔ながらの融資しか経験した事が無い人ならそもそもカードで借りるという姿にピンとこないかもしれません。しかし、現代ではむしろカードでのお手軽融資が主流であり需要も高く、銀行も消費者金融もこぞってサービスを提供しているのです。

そのサービスの名前といえば、カードローンですね。カードローンは名前の通り、お金を借りる事に特化したカードの事です。これは一度発行してもらう事ができれば、何か問題を起こさない限りはいつでも限度額内で融資を受ける事ができるという、言うなれば持ち歩ける融資枠です。融資枠は本来なら借りる度に申し込んで金融業者に設定してもらう必要がありましたが、カードローンの場合はその申し込みを一度のみにする事で、大幅な利便化を図った金融業の革新の証の一つと言えるでしょう。

ゆえにカードでお金を借りるならカードローンで!というのは多くの人の常識となっており、逆に言えばカードでの融資と言えばこれ以外思いつかないという人も居るでしょう。しかし、実はカードローン以外でもお金を貸してもらえるカードがあるというのは、ご存じでしたか?カードローンの事しか知らなかった人には想像できないかもしれませんが、そんなお金を借りられるカードの種類について、いくつかご説明してまいります。是非、ご自身に合ったカードを選んで契約してみましょう。

カードローンに続いてポピュラーとも言えるカードでの融資といえば、クレジットカードキャッシングですね。クレジットカードはそのままだと買い物専用のカードですが、キャッシング枠を希望して付けてもらう事により、カードローンとほぼ同等の機能をクレジットカードに搭載できます。一枚で二役と考えればカードローンの上位に思えますが、キャッシングはサブとも言える機能なので、カードローンに比べると限度額と金利共に劣っている事が多いです。融資を多用するならカードローン、買い物をメインに融資も少々ならクレジットカードキャッシング、という具合にチョイスしてみてはいかがでしょうか?

また、私たちが普段お世話になっているキャッシュカードでも、銀行によっては融資を受けられるカードに変わる事があります。これは銀行のサービスの一環で、融資機能をキャッシュカードでも使えるようにするという方法です。この場合は融資もフル機能で使えたり、或いはカードローンの縮小版の機能しか使えない事もあります。これは銀行の提供するサービス次第なので、作るかどうかは条件を吟味すべきでしょう。普段使っている銀行で融資も受けたい!という場合に最適な一枚になり得ます。

大体はこの二種類が、カードローン以外でも融資を受けられるカードとなります。カードローンも含めてどのカードにも一長一短がありますので、使う人次第でその最適解は変わるという事は選ぶ前に理解しておいて下さい。自分に見合ったカードを作れれば、末永く付き合っていけるので慎重に選びましょう。

キャッシングって本当に便利だ!

キャッシングって本当に便利だ!ということをつねづね感じています。僕はお金の使い方が下手な方だとは思わないのですが、友人や恋人、家族などにすぐにプレゼントなどしてしまいます。自慢ではありませんが、家族や恋人への誕生日プレゼントは欠かしたことがありません。

そんな僕ですが、やりくりはいつもギリギリです。貯金ができないんです。それで、ついついお金が足りなくなってしまうことがしばしば…そんな時に、簡単にお金を借りられるキャッシングを利用しています。

キャッシングを利用した次の月は、アルバイトを多めに入れて挽回するようにしています。そうすることで、うまい具合にすべてがうまくいくのです。僕にとってカードローンは、なくてはならない存在です。

私でもスマホでキャッシング出来た

子どもが小学校に入ったので、パートだけでなく、また自分の好きな事を始めようと、ピアノ教室に通い始めました。でも今の家にピアノは無かったので、電子ピアノを買うのにまとまったお金が欲しかったんです。

これからずっと続けていきたかったですから、どうせ買うならと、ある程度良い物を選びました。でも予定より高額になってしまったので、迷いましたが、カードローンに申し込みました。

申し込みが面倒かなと思っていたのですが、ネットだけで出来ちゃうんですね。しかもキャッシングもスマホで出来てしまって感動でした。頻繁にCMで見かけるだけのことはあって、カードローンってすごく気軽に利用出来るんですね。申し込んで良かったです。

英語学習の為にキャッシングした話

仕事などで役立てたいと、英語を勉強しようと思って何回も色々な教室とかに通ったのですが、どうにも成果があがりません。しかし、友人の紹介で出会ったアメリカ人女性の個人教室にはビビっと来るモノがありました。しかし、月謝制ではなく、一年間の授業料を払わなくてはならない為、ちょっとお金がきつかったのです。で、キャッシングを考えました。

まあ、そこでなら成功すると思ったのは、その女性に一目惚れしたからなんですけどね。

キャッシングには正直少し抵抗がありました。でも、ネットで申し込んだら思ったよりも簡単に借りる事が出来たんです。その教室通いは今でも続いていて、かなり英語能力も上がりました。